本記事は、前編のつづきです。

 

haraasamitamaitamakoyakuseiyuu
声優 原愛紗実さん/TVアニメだがしかし・・玉井たまこ役他出演

 

Q5 玉井たまこ役についてはどのようなことを意識して演じましたか。

原作の登場シーンを何度も読んで、

チャキチャキしたお好み焼き屋のお姉さん…だけじゃなくて、

色気もある大人な一面もあったり、感情が豊かなんだと感じました。

最初の怒ってるシーンは本当に怒って、

ベビースターあげないってヨウに言われた時も本当に、

ガーーン!!

という感じで…怒って、へこんで、泣いて、立ち直って、仲直りして、笑って…走り去る!笑

嵐のような人なんですけど、

自分も玉井ちゃんの役作りをしている時は、

できるだけ日常の中で感情をデフォルメさせる様に心掛けたり、

お酒を飲んでとろ~んってなる感覚もイメージしたり、

↑そこのシーンはなかったのですが(笑)

でも、玉井ちゃんっていうキャラクターがどれだけ人間味があって、素敵な人なのか、

私も玉井ちゃんみたいな素敵なお姉さんになりたいなぁ

って、感じながら、

玉井たまこちゃんの役作りに取り組みました。

 

 

dagashikashiharaasami

 

 

Q6 最後に、番組の視聴者さん等に対するメッセージ等があればお願いします。

とっても懐かしい駄菓子が登場したり、

駄菓子の秘話が面白楽しく知れたり、

また登場人物の一人ひとりのキャラクターが濃くて、

主人公のココノっちゃんは、シカダ駄菓子を継ぐのか…

ホタルちゃん、さやちゃんのキュートなダブルヒロインにも目が離せません。

主人公の父、ヨウさんの駄菓子愛も(笑)

テレビ放送は最終回を迎えましたが、

見逃してしまった方は!DVDも好評発売中です!

週間サンデーでも絶賛連載中です♡

毎回違う展開でドキドキ、懐かし、面白がめいっぱい詰まった作品です♡

声優さんのアドリブもあったり、とっても素敵な作品です。

見ている方を笑顔にしてくれること間違いなし!また懐かし駄菓子が食べたくなること間違いなし!(笑)

是非ご覧下さい

 

 

 

魅力的な登場人物たちと懐かしの駄菓子が登場するTVアニメだがしかし!

玉井たまこさんの声はこのようにして誕生したのですね!

お話を伺っていると・・原愛紗実さんが玉井たまこ役を演じられた時の気持ち(想い)がすごく伝わってきます。

 

ギャル、お母さん、おばあさん等様々な年齢のキャラクターを演じられたり、

性別の違う人物、人ではないキャラクターを演じられたり・・・

TVアニメ『だがしかし』では、原愛紗実さんのバリエーション豊かな声を・・・密かに楽しむことができそうです^^

 

この度は貴重なお話をきかせてくださりありがとうございます(‐^▽^‐