声優になるために高校卒業後すぐに新潟から上京!

声優として生きていくことに情熱をかけている。

katuragieri02
葛城愛梨 (新潟県出身/ワイスプロダクション所属)

 

葛城愛梨(かつらぎえり)さんにインタビューさせていただきました。

葛城さんはTVアニメ『WASIMO』やドラマCD※、TV番組のナレーション等で声優として活躍されています。

※(クリスマスキャロル~聖夜の奇蹟~』ベル役『くるみ割り人形~絆、時空を超えて~』フローラ役等)

 

Q どうして声優になろうと思ったのですか?

A 初めに声優というお仕事に興味を持ったのは、

子供の頃、フルハウスという海外ドラマ(日本語吹き替え)がとても好きだったからでした。

お仕事としてやっていきたいと心に決めたのは、

マトリックスの吹き替えを観た時です。

吹き替え声優さんのお芝居が“生きて”いて、魅力的で、とても感動したんです。

私も同じ感動を与えたい!この人と共演したい!と思いました。

 

Q 上京した時はどのような気持ちでしたか?不安を感じたりはしませんでしたか?

A 上京した時は希望しかなくて、とにかくお芝居が大好きで、不安を感じることがないくらいに夢中でした。

ただ、1年ほど経った時に・・・

家に帰って「おかえり」と言ってくれる家族の存在や、

(作ってくれる)ご飯のありがたみを実感しました。 

今は、苦労を知ったというか・・大人になった感じがします(笑)

 

Q 声優のお仕事の現場へ出てみてどうでしたか?

A 現場を経験させていただくことで、

現場へ出ることでしか得られないことをたくさん吸収することができました。

現場へ出て右も左もわからない頃、

現場のルール等を親切な先輩声優の方がいろいろ教えてくださいました。

 

interview03
インタビュー時の様子

Q 最近のお仕事を教えてください。
A TVアニメやバラエティ番組のナレーションのお仕事をさせていただきました。

ナレーションではかなり自由に表現をさせて頂き、

その分難しくもありましたが面白い現場でした。

 

Q 今後の目標を教えてください。

A 一生その人の心に残り続ける、印象深いキャラクターを演じられるようになりたいと思っています。

私のお芝居でそう思って貰えたら最高ですね。

そして…、サザエさんの中島君を演じた白川澄子さんのように…

一生涯声優として生きていきたいです。

 

katuragieri01
ロックオンアニソンコンテスト直前(2015年12月)

 

lockon02
ロックオンアニソンコンテストのオープニングダンスに出演

 

10代で上京!

葛城さんからは、声優として生きていきたい!という誠実な思いが伝わってきます。

一生涯声優として・・・と、語ってくださった葛城さんですが、

彼女は20代に突入したばかり・・・声優人生はまだまだ長く続きます!

 

 

この度は貴重なお話をきかせてくださり、ありがとうございます。